てすと

Microsoft Officeを安く購入する方法

Microsoft Officeを安く購入する方法

以下の方法で購入すれば、Microsoft Officeを安く購入できます。

Microsoft Officeを安く購入できる方法
  • Amazonで購入する
  • ヨドバシ・ドット・コムで購入する
  • PC本体を同時に購入する
  • ネットショップで古いバージョンの製品を購入する
  • 大学の生協で購入する(学生限定)
注意
ネットショップやヤフオクの中古品には、偽物のライセンスが混じっている場合が多いので、なるべく信頼できる所から購入しましょう。

Amazonで購入する

Amazon

Microsoft Officeは他の商品と異なり中々値引きされないですが、Amazonであれば公式サイトよりも安く購入できます。

Microsoft 365と異なり、どのような製品にも5%~10%の値引きが付くので、お得に安全なライセンスを手に入れたい人におすすめです。

注意
ただし、AmazonでMicrosoft Officeを購入するためにはクレジットカードが必要なので、カードが無い人は別の所で購入する必要があります。

ヨドバシ・ドット・コムで購入する

ヨドバシ・ドット・コム

ヨドバシ・ドット・コム等の家電量販店のネットショップも、Amazonと同様にMicrosoft Officeを安く購入できます。

Amazonよりも値段が高く、表示価格は公式ストアで買う場合とほとんど変わりません。

しかし、10%ポイント還元が付いているので、Amazonと同じくらい安く購入できます。

Microsoft 365 Business系の製品にも、高いポイント還元率が付くので、Microsoft 365 Business Standard等の商品の購入先としてもおすすめです。

PC本体を同時に購入する

特定のネットショップでは、PCと同時にMicrosoft Officeソフトを購入することで、Officeソフトの割引を行ってくれる所が存在します。

また、PCの中にはOfficeソフトをオプションで付けることが可能な物もあり、別売りの製品を購入しなくても使用可能な製品があります。

Microsoft Officeソフトを標準搭載したノートPCの方が、割引率が高いことが多いので、PCを購入する時はOfficeソフトに関するオプションも考慮しましょう。

古いバージョンの製品を購入する

Microsoft Office 2016はほとんど販売されていませんが、Microsoft Office 2013以前の製品は在庫があり、最新の製品よりも安く買うことができます。

Microsoft Office 2003以前の製品は、Microsoft Office 2007との互換性がないので、Microsoft Office 2007以降の製品を購入した方が良いでしょう。

注意
古いバージョンの中古品は、違法なOEM版の製品であることが多いので、必ず新品を購入するようにしましょう。

大学生協でアカデミック版を購入する(学生限定)

Microsoft Officeには、Microsoft Office Professional Academicと呼ばれる、学生と大学の教職員限定で利用可能なアカデミック版の製品があります。

アカデミック版の製品は生協で購入することができ、Amazonで売られているMicrosoft Office Personal 2019と同じくらいの値段で購入可能です。

価格がお手頃であるにも関わらず、Microsoft Office Professionalと同等の機能を持つので、副業を行わない学生の方におすすめです。

注意
通常版と異なり商用利用ができないので、Microsoft Word等を使って副業を行う予定のある学生は、アカデミック版を選ばないようにしましょう。

ヤフオクで販売されている怪しい出品はほぼ違法

ヤフオク

価格を自由に付けることができるヤフオクでは、小売価格よりも異常に安い、怪しいOfficeソフトが販売されることがあります。

激安Officeソフトは、特定のPCにしか合法的にダウンロードできないOEM版や、海賊版と呼ばれる不正ライセンスであることがほとんどです。

特に、海賊版では1回しかインストールを行なえなかったり、全く利用できない商品も存在します。

最悪の場合は、Microsoftにバレて処罰される可能性もあるので、ネットオークションで怪しいソフトを購入しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA