てすと

USBをFAT32へフォーマットをする方法

Windows10 エラー やり方

先輩から「USBとSDカードをFAT32へフォーマットしといて。」って頼まれた。どうしよう

農民

天狗

FAT32のフォーマットね
ちなみにFAT32ってなにか知ってる?
う・・わかりません・・

農民

天狗

しょうがねーな・・
この記事で解決できること
  1. 「FAT32」の仕組みと役割を解説
  2. FAT32、exFAT、NTFSそれぞれの違いと特徴
  3. 「FAT32」へフォーマットする方法(Windows、Mac)

FAT32が全くわからない方でも、簡単に理解することができます。

フォーマット手順は、WindowsとMacの両方とも画像つき解説です。

こんな場面で役に立つ
  • USBメモリのデータを初期化したい
  • 別のOSでもUSBを使えるようにしたい
  • USBが認識されない、またはエラーが表示される

ファイルシステムとは?

FAT32を理解するには、ファイルシステムについて知る必要があります。

ファイルシステムとは、データの保存や整理をする機能のことです。

ファイルシステムの役割
  1. 文書、画像データを保存する
  2. フォルダを作り、階層ごとに整理する

これらの作業は、ファイルシステムが担っています。

いわば、データを収納する本棚のようなものです。

HDDやUSBといった記憶媒体は、そのままでは使用することができません。

データを保存できる状態にするためには、最初に本棚を作ってあげる必要があります。

その本棚を作る作業のことを、「フォーマット」といいます。

FAT32、exFAT、NTFSそれぞれの種類と特徴

代表的なフォーマット形式は3つあります。

代表的なフォーマット形式
  1. FAT32
  2. exFAT
  3. NTFS

それぞれの特徴をまとめたものが、以下の表です。

1つのファイル容量 最大ドライブ領域 OS
FAT32 4GB 2TB Windows、Mac
exFAT ほぼ制限なし(16EB) 制限なし Windows、Mac
NTFS ほぼ制限なし(16EB) 制限なし Windows

1つずつ、解説します。

「FAT32」の特徴をわかりやすく解説

FAT32の特徴
  1. 保存できる1つのファイルサイズは4GB
  2. 使用できる最大のドライブ領域は2TB
  3. 古いパソコンで利用可能
  4. WindowsとMac両方で使用可能

FATとは、「File Allocation Table」の略です。

1996年に初めて導入され、いまだに使われ続けているフォーマット形式です。

保存できる1つのファイルサイズは4GB

FAT32が保存できる1つのファイルサイズは、4GBまでです。

それ以上のデータを保存することができません。

したがって、長時間の動画ファイルは、保存できない可能性が高いです。

保存するデータは、全て4GB以内である必要があります。

使用できる最大容量は2TBまで

FAT32で使用できる最大容量は、2TBです。

それを超える記憶媒体の場合は、2つのパーテーションに分けられます。

例えば、3TBの外付けHDDをFAT32でフォーマットした場合、2TBと1TBに分けられてしまうということです。

するとパソコン上では、2TBと1TBという、2つのHDDがあるように認識されてしまいます。

2TB以上の記憶媒体をフォーマットする場合は、注意が必要です。

WindowsとMacどちらでも使用可能

FAT32は、WindowsとMac両方で使用可能です。

FAT32は古くから使われるフォーマット形式ですが、いまだに使われ続けています。

その理由は、どちらのOSでも使える便利さがあるからです。

古いOSのパソコンでも、使用することができます。

「exFAT」の特徴をわかりやすく解説

exFATは、「Extended File Allocation Table」の略で、FAT32の後継として現れたフォーマット形式です。

現在、加速度的に普及してきているフォーマット形式です。

その理由は、exFATの特徴にあります。

exFATの特徴
  1. 4GB以上のファイルでも保存できる
  2. 最大容量の制限がない
  3. WindowsとMacで使用可能

4GB以上のファイルでも保存できる(16EB)

exFATは、4GBを超えるデータも保存可能です。

保存できる1つのファイルサイズが16EBのため、実質無制限になります。

最近では、動画などの大容量データが増えています。

その場合は、FAT32ではなく、exFATでフォーマットするのが良いでしょう。

最大容量の制限がない

exFATには、最大容量の制限がありません。

実際にはありますが、考える必要がないほど大容量です。

仮に3TBの外付けHDDであっても、丸ごとフォーマット可能です。

この点でも、FAT32より優れています。

WindowsとMacどちらでも使用可能

exFATも、WindowsとMacで使用可能です。

OSをまたいでのデータのやりとりが、可能になります。

USBメモリやSDカードなど、気軽にデータをやりとりしたい場合は、FATでフォーマットをするのがオススメです。

「NTFS」の特徴をわかりやすく解説

NTFSとは、「NT File System」の略です。

FAT32よりも新しく、現在主流のフォーマット形式になりますが、使用できるOSに制約が生じます。

NTFSの特徴
  1. 保存できる1つのファイルサイズは16EB
  2. 最大容量の制限がない
  3. Windowsのみ使用可能( Macは書き込み不可)

保存できる1つのファイルサイズは16EB

保存できる1つのファイルサイズは、16EBです。

exFATと同じサイズになります。

1つのデータが16EBを超えることは、ほぼないと考えられるので、実質無制限です。

データの保存容量で悩む必要は、ありません。

最大容量の制限がない

最大容量の制限もありません。

こちらもexFATと同じです。

NTFSはexFATと同様、1つのデータ容量と記憶媒体の最大容量、どちらも気にしなくていいというメリットがあります。

ここまで聞くと、exFATと何が違うのかわからないと感じるかもしれませんが、次の特徴が決定的な違いになります。

Windowsでのみ使用可能(Macは書き込み不可)

exFATとの決定的な違いは、NTFSはWindowsでのみ使用することができます。

Macでは、読み取りしかできず、書き込みはできません。

データの閲覧はできますが、編集はできないということです。

したがって、Windowsのみで使用できると考えた方が良いでしょう。

「FAT32」へフォーマットする方法(SDカード、USBメモリ、外付けHDD)

実際に「FAT32」へフォーマットする方法を画像つきで解説します。

どの外部メディアでも手順は同じです。

注意
Windowsのリカバリメディアを作成する場合は「exFAT」を選択してください。
外部メディア
  • USBメモリ
  • SDカード
  • 外付けHDD

Windowsの場合

まずは、Windowsです。

「FAT32」へのフォーマットは、Windowsの標準機能に搭載されていますが、4GB以内のメディアしかできません。

4GB以上のメディアをフォーマットしたい場合は、ソフトウェアが必要です。

無料のソフト「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」がオススメ

無料のソフトは沢山存在していますが、オススメは「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」です。

「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」がオススメな理由
  1. 最大2TBまでフォーマットできる
  2. 他社製品のメディアもフォーマット可能
  3. 大手メーカーのソフトウェアだから安心
  4. ダウンロードのみでインストール不要

ここからは、「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」を用いたフォーマット手順です。

フォーマット手順(画像つき)

STEP.1
「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」のダウンロードページを開く

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

 

下記のダウンロードページに進み、ご使用のOSをプルダウンメニューから選択します。

STEP.2
「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」をダウンロード

ハードディスクフォーマッタ ダウンロード

「ダウンロード」、「実行」の順にクリックします。

STEP.3
「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」を起動

ハードディスクフォーマッタ 起動

デスクトップにできたフォルダ「iohddfmt231」を開き、「HDDFMT」をクリックします。

STEP.4
フォーマットしたいメディアを選択

フォーマット やり方

フォーマットしたいメディアをプルダウンメニューから選択し、「次へ」をクリックします。

STEP.5
フォーマット形式で「FAT32」を選択

フォーマット FAT32

フォーマット形式から「FAT32」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

注意
exFATへフォーマットしたい場合は、ここで「exFAT」を選択してください。
STEP.6
確認画面

フォーマット FAT32

確認画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

STEP.7
注意事項に同意

フォーマット NTFS

「注意事項に同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。

STEP.8
完了画面が表示されれば、フォーマット成功

フォーマット エラー

完了が画面が表示されれば、フォーマット成功です。「完了」をクリックして終了させます。

Macの場合

Macを使用している方は、こちらの手順を参考にしてください。

ソフトウェアをダウンロードする必要はありません。

Windowsよりも簡単にフォーマットできます。

Macの場合は、標準機能(ディスクユーティリティ)でフォーマット可能

Macの場合は、OS標準搭載の「ディスクユーティリティ」でフォーマットできます。

ディスクユーティリティとは、記憶媒体を管理できるアプリです。

Windowsの「ディスクの管理」と同様の機能にあたります。

Windowsのような4GB以内という制約もなく、最大2TBまで可能です。

フォーマット手順(画像つき)

STEP.1
ユーティリティーを開く

ユーティリティーを開く

「移動」、「ユーティリティー」の順にクリックします。

STEP.2
ディスクユーティリティを開く

ディスクユーティリティ

「ディスクユーティリティー」をクリックします。

STEP.3
フォーマットしたい外部メディアを選択し、フォーマット設定画面を開く

フォーマット設定画面

サイドバーにあるフォーマットしたい外部メディアを選択します。

STEP.4
フォーマットメニューから「MS-DOS(FAT)」を選択

フォーマットしたい外部メディア 選択

フォーマットのプルダウンメニューをクリックし、「MS-DOS(FAT)」を選択し「消去」をクリックします。

MEMO
MacではFAT32を「MS-DOS(FAT)」と表記しています。
注意
exFATへフォーマットしたい場合は、ここで「exFAT」を選択してください。
STEP.5
フォーマット完了

フォーマット開始

フォーマットが済んだら、「完了」をクリックします。

STEP.6
フォーマット成功

フォーマット成功

「MS-DOS(FAT)」の表示があれば成功です。

古い規格「FAT32」よりも新しい規格「exFAT」がオススメ

FAT32は、先ほども解説した通り、1996年から使われ続けている規格です。

大きなデータを取り扱う現代では、少し不向きな面もあります。

したがって、フォーマットをするならFAT32よりもexFATの方がオススメです。

4GB以上の外部メディアであれば、exFATでフォーマットをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA