てすと

パソコンがアドウェア(マルウェア)に感染した時に削除・駆除するやり方は?

Windows

怪しい広告をクリックしただけで、マルウェアに感染し広告を消せなくなることがあります。

悪質なアドウェアに感染しなくても、目障りな広告を減らし、広告をブロックしたい人が多いと思います。

邪魔な広告を取り除くための広告ブロックの方法について、詳しく説明していきます。

この記事で分かること
  1. ブラウザの広告ブロック機能の設定方法
  2. 広告ブロックアプリの設定方法
  3. マルウェアの除去方法

ブラウザごとに広告ブロックを行う方法が異なります。

普段利用しているブラウザの部分だけでも設定しておくと便利です。

Windows10向けのおすすめ広告ブロックアプリ3選

製品名ページ広告ブロック動画広告ブロックマルウェア保護その他機能価格
Adblock Plus無料
AdGuard



フィルタ機能、ステルスモード
無料(制限版)
2,376円(1年版)
5,980円(永久版)
Ghostery


×
高速閲覧機能、サイト分析機能
無料(通常版)
$4.99(Plus)

Windows10向けの代表的な広告ブロックアプリは、以下の3つの製品がおすすめです。

Adblock Plus

Adblock Plusは信頼性と性能の高さから、Chromeの拡張機能において、非常に人気のある広告ブロックアプリです。

広告ブロックやマルウェア保護性能が高く、広告が表示されづらいので、全ての広告の削除を行いたい人に向いています。

ただし、フィルタ機能や高速閲覧機能といった便利な機能が無いので、他の広告ブロックアプリに比べると使いづらいといった欠点があります。

AdGuard

AdGuardは、高い広告ブロック性能を持つ上に動作も軽いことから、一番評判の良い広告ブロックアプリです。

Adblockと同様に様々な広告やマルウェアを防いでくれる上に、フィルター機能もあるので、特定の広告を見たい人におすすめです。

ステルスモードも搭載していて、個人データを保護することができるので、機密情報を取り扱っている人にもおすすめできます。

Ghostery

Ghosteryは広告ブロック機能だけでなく、サイト分析機能や高速閲覧機能が付いた、使い勝手の良いアプリです。

他の広告ブロックアプリと異なり、広告のサイトを表示して分析してくれるので、アフィリエイトを行っている人におすすめです。

Adblock PlusやAdGuardに比べて、広告ブロック機能やマルウェア保護機能が弱いので、広告を完全にブロックしたい人は他のアプリを選びましょう。

ブラウザMicrosoft Edgeに広告ブロックアプリを入れるやり方

アドウェア(マルウェア)に感染した時の症状

悪質なマルウェアに感染した時の主な症状をまとめました。

感染時の症状
  1. 不審なポップアップ画面が表示される
  2. 動作が遅くなったり不安定になる
  3. 予期しないメールや支払い請求が来る

マルウェアに感染した時は、広告画面が勝手に出てくるので、早急に対処する必要があります。

不審なポップアップ画面が表示される

悪質なアドウェアに感染すると、広告画面が強制的に発生するようになり、広告ブロックアプリを使っても防げない場合があります。

不審なポップアップ広告が表示された場合は、広告をクリックせずに、セキュリティソフト等を使ってマルウェアを消去しましょう。

マルウェアとは悪質なソフトウェアのことを指すので、マルウェアに感染しても、ポップアップ広告が出ない可能性が存在します。

動作が遅くなったり不安定になる

特定のマルウェアに感染すると、余計なファイルが大量にダウンロードされるので、動作が重くなることがあります。

悪質なファイルは通常の消去方法では解除できないので、セーフモードにして不正データを消去するようにしましょう。

不正ファイルを放置しておくと、パソコンを勝手に操作される危険性があるので、変なソフトがないかセキュリティソフトでこまめに確認する必要があります。

予期しないメールや支払い請求が来る

不正にインストールされたソフトを放置しておくと、外部から操作されて、メールや支払い請求が勝手に送られることがあります。

最悪の場合は、パソコンが乗っ取られて身代金が要求される、ランサムウェアがダウンロードされてしまう場合があります。

パソコンが勝手に操作された時は、セキュリティソフトやマルウェア除去ソフトを利用して、悪質なアドウェアを早急に除去してください。

アドウェア(マルウェア)を駆除するやり方

マルウェアに感染した時の対処方法をまとめました。

対処方法
  1. セキュリティソフトを利用する
  2. マルウェア除去ソフトを利用する
  3. セーフモードでマルウェア本体を削除する
  4. PCの初期化を行う

PCのデータを削除する前に、セキュリティソフトを利用して消去したり、バックアップを取るようにしましょう。

セキュリティソフトを利用する

マルウェアのダウンロードを防いだり、除去を行うのに一番有効な方法は、専用のセキュリティソフトを利用することです。

セキュリティソフトを使うと、悪質なアドウェアを防げるだけでなく、コンピューターの動作自体を妨害するウイルスも除去できます。

しかし、無料セキュリティソフトでは十分な性能を発揮できないので、お金をかける必要があることがデメリットです。

評判の良いセキュリティソフト
  1. ESET
  2. カスペルスキー
  3. ノートン

マルウェア除去ソフトを利用する

ウイルス対策ソフトに比べて知名度が低いですが、AdwCleaner等のマルウェア除去ソフトもあり、専用のソフトを使うことでマルウェアを除去できます。

セキュリティソフトに比べて利用範囲が限られますが、無料ソフトも充実していて、すぐに使えるのがメリットです。

無料のソフトウェアの中には、逆にマルウェアを植え付ける物もあるので、レビューを確認してからダウンロードするようにしましょう。

評判の良いマルウェア除去ソフト
  1. AdwCleaner
  2. Malwarebytes
  3. Microsoft Safety Scanner

セーフモードでマルウェア本体を削除する(上級者向け)

マルウェアには復元機能が存在する物があり、通常通りにソフトを解除するだけでは、再起動した時に復活してしまう物が多いです。

しかし、セーフモードによる削除には対応していない物もあり、マルウェアをセーフモードで消去することで除去できる場合があります。

注意
注意してデータ消去を行わないと、Windows10に関するデータを消去してしまうことがあるので、初心者にはあまりおすすめできません。

PCの初期化を行う

PCの初期化を行うことで、マルウェアやウイルスのデータも丸ごと消去されるので、マルウェアを消去するのに一番有効な方法です。

しかし、マルウェアは他のデバイスにも感染することがあるので、外部記憶媒体を使ってバックアップした時に再感染する危険性があります。

他の手法と異なり、正しい手順で操作を行わないと全てのデータが消える危険性があるので、最後に行うようにしましょう。

Windowsパソコンにおすすめのウイルス対策ソフトは?【失敗しない選び方】

パソコンのブラウザの設定を確認する

ブラウザChromeで怪しい広告をブロックするやり方【パソコン】 ブラウザMicrosoft edgeで怪しい広告をブロックするやり方【パソコン】 ブラウザMicrosoft Edgeに広告ブロックアプリを入れるやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA